トウカのスケッチブック。

十月橙伽の、らくがきや徒然日記など……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインツリーの国。

レインツリーの国 (新潮文庫 あ 62-1)レインツリーの国 (新潮文庫 あ 62-1)
(2009/06/27)
有川 浩

商品詳細を見る


有川 浩さんの「レインツリーの国」読んだ。



もしかして大体のひとは、
「図書館戦争」シリーズから来て、
こっちのヒロインひとみさんの秘密も知って読むのかな。

「図書館戦争」は
I.G.作のアニメの完成度と繊細さが好きだったから
有川浩さんは気になってたけど、
小説読むのは初めて。



結果的に、予備知識なしでこの小説読めたの良かった。

ひとみさんの秘密に衝撃受けるの含めて楽しめた。



でも、自分が「聴覚障害」に対して、無知過ぎることにびっくり。

そしてこの本の、この障害に対しての向き合い方、
健常者の戸惑いとか、障害持った方の陥りそうな「暗い」部分とかに、
すごく自然でフラットに向き合ってる感じがするところが
好きだなーと思った。



まあ、彼の側の性格の現実味のなさとか、
大筋がファンタジーに過ぎるとか、
言いたくなる事はままあれど、


ヒロインひとみさんは、
髪を切る前の「惜しい」時ももちろんだけど、髪を切ったときはさぞ、

こんなにかわいいひとに違いない、と

レインツリー・ひとみさん

らくがきしたくなった。



図書館戦争も、あの絶妙な設定と世界観好きだし、
読みたいな。


関連記事
スポンサーサイト

≪ あの場所で委託です。  | ホーム |  アフィリア本! ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URI

 | HOME | 

カテゴリー

プロフィール

十月 橙伽

Author:十月 橙伽
 
最近、絵を描くことが楽しいオタクです。

新海誠作品・シャッツキステ・「マリア様がみてる」などをこよなく愛す……

サークル名
ORANGE FACTORY”で
マイペースに同人活動中。

過去の同人作品は、
カテゴリ「作品アーカイブ」から
ご覧くださいませ。


メールはこちらまで。
kasag2010★gmail.com
(★を@に変えてください)







twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。